「大成の家」が大切にしていること

地震に強い家

「安心」「安全」「快適」を名乗るにふさわしい、基本構造の一新
私たちが新世代の「大成の家」を考える上でテーマにしたのは、ひとつは日本の建築業界の永遠の課題ともいえる耐震性能のさらなる向上、そして、もうひとつは熟練した職人の高齢化が進む中で安定して高品質の住宅をいかにして創り続けていくか、という難しい問題でした。
これまでの「大成の家」は、日本の木造住宅工法の主流である「木造軸組構法」をベースに、筋交いの数を大幅に増やすなど、独自の工夫・改良を加えた工法を採用してきました。

新世代の「大成の家」を生み出すために、試行錯誤の中で導き出した答え、それは耐震性を高める「パネル工法」と、現場での作業工程を効率化する「ピン工法」を組み合わせた「ハイブリッド工法」の採用でした。
地域の皆様のご支持で成長させて頂いた「大成の家」が今、あらためて住まいの新しい「安心」のカタチをご提案致します。

地震に強い、高耐震パネル工法
パネル工法は、「木造軸組構法」と、耐震性に優れた「ツーバイフォー工法」二つの工法それぞれの長所をもちあわせた合理的な構法です。従来の軸組構法の住宅とは違い、柱・梁・面材で支える耐震性に優れています。

高耐震パネル工法

外壁部分に耐震パネルを加えることで、「点」ではなく「面」で地震等の力を受けて分散させるため、ねじれや変形等が起こりづらい工法です。

一般的な木造軸組構法

外部からの力を「点」で受けてしまうため、自身の力によってゆがみや変形が起こりやすくなってしまう工法です。

倒壊解析プログラムによるシミュレーション
<阪神大震災の1.2倍の揺れにも耐える耐震等級3>

こちらの映像は、木造軸組構法の大成の家仕様(耐震等級3)・一般仕様(耐震等級2)・一般仕様(耐震等級1)で作られた建物を並べ、それに対して平成7年(1995年)兵庫県南部地震において神戸市中央区中山手(JMA KOBE)で観測された震度6の地震波を1.2倍増幅させた地震動を与えたシミュレーション映像です。
耐震等級1、2は倒壊しましたが、大成の家仕様(耐震等級3)は倒壊しませんでした。

シミュレーションに使用した倒壊解析プログラムは建築研究所・国土技術政策総合研究所で開発された「wallstat」です。これまで部材の折損・飛散といった極端な非線形性を考慮する必要があり困難とされていた木造住宅の倒壊挙動の再現を、個別要素法を基本理論としたオリジナルの解析手法により可能となっています。

精度と強度を兼ね備えたピン工法
一般的な木造軸組構法は、仕口加工による柱の欠損量が多くなるため強度が低下し、また、施工者による精度のバラつきが出てしまいます。 ピン工法は施工・金物の取り付けがより簡単で、安定した精度と強度を保つことができます。