長期優良住宅

長期優良住宅とは?

資源の有効利用のために数世代にわたり、永く住まえる住宅が求められる時代となりつくられたのが「長期優良住宅制度」です。耐震性・耐久性・維持管理等の基準が定められ、優れた住宅であることが認定されます。認定基準を満たした住宅は税制面での優遇もあり、将来売却するときには財産としての価値が保たれて有利となります。

 

長期優良住宅認定のメリット

住まいを長期にわたり良好な状態で使用可能
維持保全計画にのっとり、定期メンテナンスを行い、常に良好な状態を保ちます。

お住まいの価値を証明
資産価値が守られているので、転売時にもきちんと家の価値に見合った価格で売却することができます。

税制面で優遇
住宅ローン減税の控除限度額が一般住宅に比べて高く、固定資産税の軽減などもあり、有利となります。

認定基準

長期優良住宅に認定されるための等級について

大成の家が取得している性能評価

認定取得の流れ

長期優良住宅の認定を受けるためには、工事の着工前に認定取得が必要です。

100%設計性能評価、100%建設性能評価

大成の家はお住まいの品質をわかりやすくご理解していただくために、国土交通大臣登録 住宅性能評価機関による「住宅性能評価」を取得しています。さまざまな住宅の性能を等級で表示することで明確化し、全棟、この申請を行うことで、みなさまに安心のお住まいをお届け